【ローン滞納】任意売却

  • HOME
  • 【ローン滞納】任意売却

ローン返済が滞ってしまったときは「任意売却」

家を購入する際に大部分の方が利用する住宅ローン。計画通りに返済できていれば問題ありませんが、仕事や生活の変化などさまざまな要因で滞ってしまう可能性もあります。住宅ローンが支払えずに滞納したままになってしまうと、不動産は競売にかけられてしまいます。

競売による売却額は、仲介売却よりだいぶ安くなってしまいます。このような事態に陥ったときには、不動産を競売にかけられてしまう前に市場価格に近い金額で売却できる「任意売却」を活用することをおすすめします。

住宅ローンのこんなお悩みありませんか?

ローンの返済に困っているなら「任意売却」!

ローンの返済に困っているなら「任意売却」!

住宅ローンを利用して購入した不動産には、ローンの支払いが滞った場合に金融機関が不動産を差し押さえて競売にかけることができる「抵当権」という権利がつけられていることをご存知ですか? 抵当権がついている物件でローンの返済が滞ってしまうと不動産が競売にかけられてしまう可能性があり、競売にかけられてしまうと不動産の価格は市場価格より大幅に低下してしまいます。

そんな場合に活用できる「任意売却」は、ローンを滞納してしまった状況でも競売にかけられる前に不動産を売却する方法です。任意売却を利用すれば、市場価格に近い価格で不動産を売却することが可能です。

任意売却の注意点!

任意売却の注意点!

任意売却は、必ずしも認められるわけではありません。債権者である金融機関が任意売却を認めずに競売に持って行くこともあります。まずは返済の意思があることを伝えて任意売却ができる状態にしましょう。

ただし、任意売却は個人で手続きができるような簡単なものではないため、経験と実績を持った不動産会社に依頼する必要があります。

任意売却ができる期間は決まっています!

滞納の時期 状況
滞納前 住宅ローンの支払いが厳しくなってくる。
滞納3ヶ月以内 滞納が続き、金融機関から督促状が届く。
滞納4ヶ月以内 競売開始の通知が届く。
滞納5ヶ月以内 競売の準備がはじまる。

ローン滞納が5ヶ月以上になると競売が開始されて強制立ち退きとなり、任意売却はできなくなります。

任意売却の注意点!

任意売却と競売の違いとは?

競売にかけられてしまった場合、デメリットは安く買われてしまうことだけではありません。任意売却を選択することで、競売にかけられてしまった場合と比べて多くのメリットが得られます。まずは違いを把握しておきましょう。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

任意売却 競売
売買価格 市場価格に近い価格で売却できる 売却基準価格が時価の約70%になり、入札はさらに20%下回る
剰余金 引越し費用や生活費用として手元にお金を残せる 売却代金は、すべて債権者への支払いに充てられる
引越し 引越し時期など希望を聞いてもらえる可能性がある 強制退去させられてしまう可能性がある
残債務 金融機関と交渉できる 残責務は自分で処理する
プライバシー 近隣の住人には知られない 物件が新聞やチラシに掲載される
生活再建 余裕を持って生活を立て直しやすい 負担が大きいため、再建までに時間がかかる

PICK UP!!

予期せぬ事態も想定し、早めの行動が大切です!手遅れになる前に「オクニシ不動産情報センタ」にご相談を!

予期せぬ事態も想定し、早めの行動が大切です!手遅れになる前に「オクニシ不動産情報センタ」にご相談を!

たとえ予期せぬトラブルや家庭の事情などがあったとしても、住宅ローンの滞納をそのままにして競売にかけられてしまうと、不動産は強制的に売却されてしまいます。競売にかけられてしまった場合、売れたとしても価格は大幅に安くなってしまうため、ローンの返済ができたとしてもその後の生活が大変になってしまいます。手遅れになってからではなく、ローンの返済が困難になってきた時点で専門家に相談しましょう。

オクニシ不動産情報センタは、お客様の状況やご希望などをしっかりと伺ったうえで、もっともお客様にとってプラスになるご提案をしています。ご要望のまま不動産を売却するだけではなく、その先の生活まで見据えて一緒に解決策を探りますので、まずはお気軽にご相談ください。